新聞・貨物輸送 中越テックのアルバイト・パート・契約社員・正社員求人情報

中越テック株式会社は、新聞輸送や紙・清涼飲料水・アルミ・建材などを主とした一般貨物輸送に加え、大切な荷物を保管する倉庫業務や、環境への負荷が少ない輸送手段である通運事業などに携わっています。

勤務地から求人・仕事を検索する

北海道・東北

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

甲信越・北陸

東海

関西

  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山

中国

  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口

四国

  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

フリーワード

新聞・貨物輸送 中越テックの求人・仕事を色々な条件で検索する

会社概要

会社概要

高品質で安全な物流サービス

中越テックは昭和31年に紙製品を軸とした輸送業務から始まり、平成22年12月に日本梱包運輸倉庫(株)(現:ニッコンホールディングス(株)(東証一部上場))グループの一員となって、地域の皆様や各お取引様により高品質で安全な物流サービスを提供してまいりました。また中越テック株式会社(本社:東京新木場)、札幌新聞輸送株式会社(本社:北海道札幌)、中越輸送株式会社(本社:鹿児島薩摩川内)の3つの会社はニッコンホールディングスグループの中でも中越グループとして活躍しております。

目標を達成するためには新しいスタッフ・優秀なスタッフの雇用が第一

グループの中核である中越テック株式会社は、4事業部(東北事業部・関東事業部・西日本事業部・北陸事業部)で構成されており、新聞・清涼飲料水・製紙関連・住設資材等の物流サービスを提供しております。特に新聞輸送については、グループ企業を含め北海道から九州まで日本全国で事業展開し、新聞輸送では全国トップクラスの実績があり、全国の新聞社様より高い信頼をいただき、主要業務の一つになっています。また、全国5万数千社の物流会社の中でより一層の企業価値を高めるため、日々新しいことに取り組み事業の拡大を目指し、お客様目線でそれぞれのニーズに合ったサービスの提供を日々弛まなく行っておりますが、目標を達成するためには新しいスタッフ・優秀なスタッフの雇用が第一と考え、人財確保にグループ全体で取り組んでおります。また、「安全・品質・効率」の向上を基本に、中越テックは、日本経済を支えるエンジンの一つである物流業を通じて、国家社会・地域社会に貢献をしていくため、更なる努力を続けてまいります。

働いている方のインタビュー

新聞配送ドライバー

石川営業所新聞配送ドライバー

毎日がとても楽しく、充実しています。

中越テックに中途採用で入社してから約7年が経ちました。前職もトラックドライバーだったので、運送の仕事に自信はありましたが、それでも新聞の輸送は初めての体験だったので多少の不安はありました。しかし、その不安は先輩方の丁寧で親切な指導のおかげですぐに消え、安心して仕事を覚えることができました。
一つのコースを任せてもらい、何千人もの読者に自分が新聞を届けているのだと思うと自然とモチベーションが上がり、とてもやりがいを感じました。と同時に責任感も感じるようになりました。この感覚は以前の会社では感じることがありませんでした。
その後、複数のコースも覚え、当営業所で配送しているコースは全て習得することができました。今では私が新人にコースの指導などをさせてもらっています。営業所のみんなで『あのコースのあの部分は危険だ』『ここも注意した方がいい』など共有しながら切磋琢磨しています。毎日がとても楽しく、充実しています。
中越テックは、とても綺麗な車両ばかり。常に整備も行き届いているので安心です。安全面に力を注いでいる会社だな、と肌で感じますね。また、休日の確保や社会保険、福利厚生も充実しているので、『前の会社と違って安心できる』と家族からも好評です。

大型ドライバー

東北営業所大型ドライバー

中越テックに入社して一番良かったこと

希望額に近い給料を支給していただいたおかげで、受験間近の息子二人を塾に通わせることができ、二人共志望校に合格したことです。息子二人の努力が一番の要因ですが、塾に行くことで学校では教わらないことを教わり、成績も向上して、人としても大きく成長することができました。志望校に合格したとき、子供達以上に妻の喜んでいる姿を見て、私も幸せになりました。

中越テックに入社して一番大変だったこと

平成23年3月11日の東日本大震災です。あの日は休日で外に出かけていました。揺れが収まるのを待ち、家族の安全を確認できたところでまず会社に電話しました。しかし、全く繋がらなかったため急いで自転車で会社に向かいました。事務所はパニックになっていましたが、仕事は動いていました。上司から「仙台の印刷工場は全滅で、東京で新聞を印刷するので行ってほしい」という指示がでました。それは今までに経験したことがない過酷な日々の始まりでした。信号機は停止しており、何度も渋滞に巻き込まれ、出発してから会社に戻るまで27時間かかりました。今まで味わったことのない空腹と疲れ、大津波による壊滅的な状況に心が折れそうになりました。途中で仮眠しようと思っても全く眠れず辛い状況が続きましたが、新聞を各地に届けることができました。被災地への情報伝達ができたことによって、多くの方から喜んでもらうことができ、仕事をやりきった使命感と達成感でいっぱいになりました。
あの悲惨な状況の中でも、社員も協力会社も皆一丸になり、明るく元気に仕事ができたのは、東北営業所の団結力の強さにあると思います。

中越テックの求人情報をご覧の皆様へ

当社は夜勤業務が中心の会社で抵抗もあるかと思いますが、仕事の合間に時間を作りやすく、会社の仲間と趣味を共有したり、楽しく働けるように心掛けています。職業柄、他の会社より休日は少ないかもしれませんが、希望の日に休みを調整できたり、公休日と休刊日を利用して連休を調整できたりと、プライベートも充実できる素晴らしい環境があります。ゴルフ、サーフィン、釣り、競馬、パチンコなど趣味の多彩な人がたくさんいます。未経験の方もご安心ください!所長も課長も、とても優しい人なので安心です!ミスを恐れず何事にもチャレンジして欲しいと思います。

4t・大型ドライバー

群馬営業所4t・大型ドライバー

一緒にてっぺんを目指して頑張ってくれる仲間

約3年前にパートタイマーとして中越テックへ入社し、最初は県内の2t車を使用するコースを配送していました。働いているうちに仕事が楽しくなってきて「4t車に乗って遠くまで走りたい!!」と思うようになりました。所長に相談したところ「うちでやってみるか」と声をかけていただき、社員として働き始めました。営業所の先輩からは優しく指導していただき、最初は長野方面、次に新潟方面と徐々にコースを覚え、当営業所で配送しているコースは半年で全て習得し対応できるようになりました。配送を担当する方面が雪深いこともあり、当初は車の中で「おっかねー」と叫びながら走っていました。先輩にアドバイスしてもらいながら今では「世話無いですよ」と言えるまで成長しました。ただし油断は禁物!娘の顔を思い出しながら安全第一で走行しています。
配送に関して一通り覚えたころ、所長から「ちょっと講習行ってきて」と言われたため、参加したのが運行管理者基礎講習でした。そこで運行する上で大切なことや健康チェック、運行前点検などを学ぶことができ、運送業に携わる人間として一回り成長できたと思います。今年の春には念願だったフォークリフトの講習にも参加させていただき無事に資格も取得しました。しかし、8月に開催された運行管理者試験で「不合格」となってしまいました。次回こそは、合格を目指して頑張るつもりです!
今は配送業務をこなしつつ、配車やお客様への対応などを覚えている真っ最中です。所長と「目指せ関東事業部No.1」を合言葉に頑張ってます。一緒にてっぺんを目指して頑張ってくれる仲間を募集中です。

新聞・貨物輸送 中越テックの 求人情報から、あなたにピッタリなお仕事を見付けよう!